2万円以下の高コスパゲーミングモニター、PXC243徹底レビュー!

本記事はメーカーより製品提供をいただき本記事を執筆しています。

Pixioより発売されたばかりの144Hz対応23.6インチゲーミングモニターPXC243をお借りすることが出来ましたのでご紹介します。

本製品のAmazonリンクはここをクリック!

Pixioはコストパフォーマンスの高いゲーミングモニターを得意とするメーカーです。今回発売されたPXC243は同社製品の中でもトップクラスにコスパの高い製品に仕上がっています。本記事では実際の製品写真と共に解説していきます。

特徴

液晶のヌルヌルさを表すリフレッシュレートは144Hzと高くなっています。一般的なモニターは60Hzなので2倍以上なめらかに動くことが可能です。特にFPSなどフレーム単位で速い反応が求められるゲームにおいて、このリフレッシュレートは最も重要と言っても過言ではありません。また、GTG応答速度は3msとなっています。

GTG応答速度について一つ注意を入れておきますが、同社のPX5 Hayabusaは0.6msと非常に小さいレスポンスになっており、比較すると3msは大きいと思われる方もいると思います。しかし実際には、GTG応答速度自体はゲームパフォーマンスへの影響はほとんどなく、144hzの1フレームは約6.94msのため約7msを下回ればモニターに残像が残ることはありません。そのため3ms出ていれば、これより上位の製品と比較してもあまり意味がありません。

液晶パネルには23.6インチのVA型、曲面パネルを採用しています。安価なゲーミングモニターで多く使われるTN型パネルと比較して広い視野角と高いコントラスト比が特徴です。視野角範囲は上下左右共に178°でどこから見ても概ね色の変化なしに見ることが可能です。また、コントラスト比は3000:1と高くなっており、明暗のハッキリとした映像表現が可能です。映画や写真の閲覧を得意とします。

最大の特徴は値段でしょう。なんと2万円以下、19,980円で購入できてしまうのです。カタログスペックはここまで。ここからは実際に開封していきます。

開封

Pixioのロゴがプリントされたシンプルなデザインです。上部にプラ製の取っ手が取り付けられていて持ち運びは便利です。それでは開封します。

下段に本体、上段にケーブルやモニターアームが収納されています。

付属品

DP1.2ケーブル。Pixioのタグが付いている。
Pixioステッカーとユーザーマニュアル。
ACアダプターと電源ケーブル。12V3A出力。

実消費電力は22.4Wでした(明るさ50、144Hz、テストパターン表示時)。

組立

台座とアーム部を取り出しました。差し込むだけでスタンドの組み立ては完了です。完成したスタンドもパネル本体にスライドするだけで取り付けできるので組み立て作業は30秒ほどで終わりました。簡単で良いですね。

背面はこのような感じです。

Pixioのロゴがスタンドにも付いていてカッコいいです。VESAマウント(75×75)にも対応しています。

本製品のAmazonリンクはここをクリック!

スペック

入力端子は次の通りです。

  • DisplayPort1.2(144Hz)
  • DVI(60Hz)
  • HDMI1.4(120Hz)
  • 3.5mmオーディオアウト

144Hz表示には必ずDisplayPort端子を使用する必要があります。

次にパネル性能を見ていきます。

HDテストパターン表示例(出力元はSONY HVR-Z5J)

画素数はフルHD(1920 × 1080)の主流サイズを採用し、輝度は250nits。明るさ十分です。コントラスト比は3000:1と高く、VAパネルの長所を生かしています。これによって少しだけ明るさの違う沢山の種類の黒を細かく表示することを得意とします。

視野角は上下左右178°なのでどこから見てもほとんど色の変化なしに綺麗に表示することができます。

上部と左右の非表示領域は8~9mmです。とてもスタイリッシュ。

曲面パネルを採用しているので目からパネルまでの位置が一定になり見やすいです。湾曲率はメジャーな1800Rで机に設置してよく見渡せるよう設計されています。

Pixioの公式ホームページによると、AMD RADEONシリーズなどで使用できるティアリングを防ぐ機能、FreeSyncへの対応が記載されています。

ここでは、記載されていないNVIDIA GeForceシリーズ環境下においての動作を調査するためFreeSyncを有効にした状態で使用しました。(NVIDIA GeForceの場合は同等機能としてG-SYNCが存在します)

結果、問題なくG-SYNCを有効化でき、使用することができました。 G-SYNC Compatibleのライセンス取得にはNVIDIAへの検査やライセンス料が必要となるため認証を受けていないものと思われますが、 問題なく使用できたのでお得ですね。

(※本記事はG-SYNCへの対応を保障するものではありません)

本製品のAmazonリンクはここをクリック!

操作

モニター操作は背面にあるジョイスティックから行います。ボタンスイッチと異なり直感的な操作ができるので操作ミスが減ります。最近のモニターのトレンドなので取り入れてあって嬉しいですね。

設定GUIはこの通りとても整理されていて見やすいです。何より1ページですべて表示されているのが分かりやすいです。標準、映画、FPS、RTS、アイセイバー(ブルーライトカット)などのプリセットが用意されており、用途に合わせて最適な設定へ変更が可能です。

アフターサービス

Pixio製モニターはすべてのモデルに30日間の無償返品期間と2年間に及ぶ長期標準保障が用意されています。購入から30日以内に気に入らなければ返品ができるモニターは同社しか聞いたことがありません。また、保障について他メーカーではバックパネルについては1年、またはそれ未満に設定されているものが多いのですが、Pixioでは手厚く2年間のバックパネル含む製品保証がありますので安心して使うことができると思います。

まとめ

Pixio PXC243を約2週間使用しましたが、とても2万円未満のモニターとは思えない性能の高さに驚きました。24インチクラスの144Hzで視野角が広く綺麗に映ります。 ゲーマーが求めるポイントを抑えたスペックで、なんといっても値段の安さに企業努力を感じました! 1万円台のモニターといえば通常用途のイメージがありましたがPXC243は常識を変えるモニターです。安くて性能の高いモニターをお求めの皆さん、是非選択肢の一つとしてPXC243をご検討あれ!

本製品のAmazonリンクはここをクリック!

広告
検索
広告
検索
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
検索
広告