AMD X590チップセットが登場するかも?

ZEN3こと、RYZEN3000向けチップセットとしてX570の登場が発表されてから約3週間が経過した。ComputerBaseに投稿された記事によると、GIGABYTE製マザーボードのBIOSに「X570/590 Chipset」との記述があったそうだ。

ComputerBase.de より

X570チップセットは14nmプロセスルールと比較的微細であるのでX590も同様に14nmプロセスルールを採用すると思われる。X570マザーボードは様々なモデルで冷却用ファンが搭載されたことでわかるように非常に発熱をするチップセットである。これは新しく搭載したPCIe4.0に起因するものといわれている。 もし本当にX590チップセットが登場とするとすればX570と比べてどの点を強化するのだろうか。 予想するに、PCIe4.0などのPCIeレーン数増加の可能性が高い。もしこれが実現してしまえば、更に発熱が増え、冷却用ファンの搭載が必須となってしまうような気がするのだが、この問題をどのように対応していくのだろうか。

また、AMDは年末までにB550とA520チップセットをラインナップに追加します。B450とA420チップセットの後継とみられ、PCIe4.0をサポートするかは現時点では不明。

ZEN2に備えてどのようなチップセットが投入されてくるのか不明ですが、ASRockの原口氏によると許容電源などに問題が無ければ、現在までに投入されてきたマザーボードでもZEN2のボトルネックにはほぼならないとのことですから敢えて値段の安くなったX470を狙うのも選択肢の一つとして考えられそうです。

Colorful GeForce RTX 2060 6G V2

広告
検索
広告
検索
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
検索
広告