電車でGO!アーケード機スペック判明!GTX1080とi5 4590s

2017年より全国のゲームセンター等に設置されている電車でGO!アーケード版(登場時の記事)の詳細スペックが判明した。

Taito Type X4をカスタムした構成

CPU Intel Core i5 4590s
GPU NVIDIA GTX1080
RAM 8GB DDR3

ご覧の通り、Taito Type X4のカスタマイズ機となっていることが分かる。もともとGTX960を搭載するType X4であるが、電車でGO!の場合はUnrealEngin4の高精細CGを3画面と手元の操作パネル1枚の模写を行うためGTX1080にアップグレードされている。PC/AT互換機の汎用性をよく生かしている点である。

ちなみにTaito Type Xシリーズとは2004年移行タイトーが開発をしているアーケードゲーム機版である。様々なアーケードゲーム筐体に採用されており、参加サードパーティーにカプコン、バンダイ、タカラトミーアーツなど汎用性の高さが特徴だ。

広告
検索
広告
検索
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
検索
広告